コンテンツへスキップ

ソフトウェアとハードウェアって何がちがうの?

■ソフトウェアとハードウェアどんこ笑顔
かんたんに言うと、ソフトウェアは触ることができないもの、ハードウェアは触ることができるものです。
ハードウェアの種類
パソコンを構成するハードウェアは、5つの装置に分類することができます。これらを5大装置と呼びます。
ソフトウェアの種類
ソフトウェアには、実にさまざまな種類があります。
文書を作成するワープロソフト、家計簿や会計書類を作成する表計算ソフト、ホームページを見るブラウザ、メールの送受信をするメーラー、画像や動画の編集ソフト、動画や音楽を聴くメディアプレイヤー、ビジネスの発表の場で使うプレゼンテーションソフト、さまざまな補助的な機能を提供するユーティリティソフトなどです。

■5大装置
ハードウェアは、パソコンの中だけでなく、外にあるものも含め、次の5大装置に分類することができます。
①制御装置:人で言うと中枢神経にあたります。
②演算装置:人で言うと脳の考えるところにあたります。
③記憶装置:人で言うと脳の記憶するところにあたります。
④入力装置:パソコンに指示を与える装置です。
人で言うと目や耳など、情報を入れるところにあたります。プリンター
⑤出力装置:パソコンの計算結果を表示する装置です。人で言うと、口や手など表現するところです。

困った1-06


【たくさがわ先生が教える パソコンの困った! お悩み解決超入門】
第1章06節からの抜粋    
(Amazonで本を参照)


 

公式SNSアカウント

           

Top