無料 パソコン超入門の本 できる、やさしい、かんたん漫画&動画 講座 わあん

ついに始まる Chrome の広告ブロック機能で邪魔な広告が無くなる?

time 2018/02/15

この記事の所要時間: 212

Google Chromeは、今もっとも使われているブラウザーです

このGoogle Chromeでは 明日から自動的に広告を表示させない広告ブロッカーがいよいよ作動し始める

sponsored link

え?広告ブロックなんてできるの?

実は インターネットを閲覧している時に表示される広告は Chromeでは機能拡張で、iPhoneではアプリを使えばブロックすることができた

それが 今回 自動的に作動する広告ブロッカーが導入されるため 話題になっている

しかし ほとんどのユーザーはその違いに気づかなかいと思われる

関心が高いのは広告を出稿している事業者の皆さまでしょう

確かに広告ブロックは有り難いけど…

GoogleはYoutubeをはじめ広告で収入を得ています

そんなGoogleが広告をブロックするのに何のメリットがあるの?と思われるかもしれません 事業が傾いちゃうんじゃ?なんて心配してしまいます

それには すでに浸透しつつある機能拡張の広告ブロック(AdBlock PlusuBlock Origin)が関係しています

これらの広告ブロッカーは、ほとんどの広告を無差別に非表示にします。万が一、ユーザーがこういった広告ブロック機能を使うようになってしまうと、それこそ広告収入がなくなってしまいます。

今回導入されるChromeの広告ブロックは、悪意のある広告や目障りな広告を除去するのが目的です。

つまりすべての広告をブロックするのではなく、オンライン広告の改善を目指します。これはオンライン広告の業界団体 Coalition for Better Adsのガイドラインに沿った新機能と言えます

注意が必要なのは、あるサイトがガイドラインに反する広告を掲載しているとGoogleが判断した場合、そのサイトでは問題になった広告だけでなくすべての広告がブロックされ表示されなくなります

 

問題になる広告は、カウントダウンがされるもの、点滅するもの、音が出るビデオを自動再生する広告など、不快を感じる広告だ。

以下はChromeの新しい広告ブロッカーの対象になる可能性がある広告の例

広告ブロック対象の実例

こちらはFC2を一定期間更新していなかった場合の広告事例

ポップアップに加え、過度に大きい広告が表示される

引用


待望の漫画で教えるWindows10対応!たくさがわ先生が教えるパソコン超入門[Windows10 エクセル ワード]





✈私のfacebookもぜひお気軽にフォローしてください。「いいね!」「シェア」大歓迎です


✿Twitterやっています↓

✉TwitterもFacebookもやっていない方はメールアドレスを入力し、[ 購読 ]をクリックすれば、496人の購読者の仲間入りしてください


☁著書を見てみたい方はAmazonやお近くの書店、コンビニに並んでいるものもあります↓

こちらの記事もどうぞ

sponsored link

著書20冊 発行部数 30万部の…

たくさがわつねあき

たくさがわつねあき

技術評論社 優良図書認定、女性セブン、リクナビNEXTなど多数の執筆とインストラクターの経験を活かし、パソコンが苦手な人にお届けしています



sponsored link